チーム紹介

Nagoya City United Football Club

Nagoya City United Football Club
20183月設立
特定非営利活動法人NAGOYA CITY CULTURE & SPORTS CLUBの男性社会人フットボールチーム。
名古屋市を中心とした知多、尾張地区を含む地域の総合型スポーツクラブの看板チーム。将来、Jリーグへ参入することを目標として活動を開始した。

活動初年度である2018年は知多社会人リーグを9位で終了。

2019年は知多社会人リーグは優勝したものの、地区チャンピオンズリーグでの敗退により、愛知県リーグへの昇格は果たせなかった。

チーム創立3年目となる2020年は勝負の年。新しく選手スタッフを加えてチームを大幅に強化した。今年こそは選手・スタッフ・チームが一丸となり知多リーグの優勝と県リーグへの昇格を果たしたい。



2020年チームスローガン

こころに響くフットボール ~ねずみ年の巻~

チームスローガンである「こころに響くフットボール」をベースにねずみ年の2020年チームをさらに進化させます!

Nagoya City United FCのこころに響くフットボールとは、
〇フェアプレーに徹し、スポーツ・サッカーの楽しさを体現する

〇チームの勝利に向かって真っすぐに取り組みチャレンジし続ける
〇自分のため、仲間のため、チームのために本気で汗をながす
と定義しています。

この基本コンセプトに「ねずみ」をかけた3つの行動目標を立てました。
「ねずみ=寝ず身」の特徴のひとつに耐環境性が高いこと、印象としてちょろちょろとひと目に微妙な関係で現れること。から、

●寝ず身の覚悟で一つひとつ丁寧に、素直さ謙虚さを持って、やるべきことを積み上げる。
●地区のリーグ戦、トーナメント戦、トレーニングマッチ、トレーニングとどんな環境状況にも対応して全力でやりきる
●選手スタッフが各自の役割をしっかりとこなして責任を持ったうえで外部にも存在をアピールするし共感を与える

2020年 こころに響くフットボール~ねずみ年の巻~ 県リーグへの昇格、東海大会、全国大会の出場を目指します!!